ローリスク運用の株式投資術 > 株主優待 > 株主優待とは?

株主優待とは?


株主優待とは?
日本独自の制度ですが、株を持っていると、優待をもらえる会社があります。

注意が必要なのは、権利日といって、その日に株を持っていると優待の権利を取得できること、
すなわち、それ以外の日に株を持っていても、優待をもらえないことです。

1年弱株を持っていても権利日に株を持っていないと優待はもらえませんし、
逆に権利日の1日だけ株を持っていても優待の権利を取得できます。

どんな優待があるか?
自社サービスの割引券や、カタログギフト、金券など、様々な物があります。
例えば、カゴメ(2811)は1000円相当自社製品として、野菜ジュースやトマトケチャップが優待になることがあります。

私が頂いた中で面白い優待は、
2014年3月末に取得した特種東海製紙(3708)のトイレットペーパー96ロールです。


一人暮らしでしたので、1年間で使いきれない量でした^^;
2015年は株価が上昇してあまり旨味がなくなりましたので、取得していません・・・。

注意点
大抵、人気の優待は権利日の翌日(権利落ち日)に優待の価値以上に株価が下がってしまいます。
そのため、権利日だけ株を持っていても、得することは殆どありません。

ではどうするか?
実は、権利日だけ株を持って、しかも下落リスクをなくす方法があります。
その方法はノーリスク取得方法をご覧ください。


Copyright (C) 2015 ローリスク運用の株式投資術. All rights reserved.